喘息(ぜんそく)に効果のある漢方薬漢方薬

五虎湯 (ごことう)

喘息の治療によく使われます。「麻黄」は気管支拡張作用、抗アレルギー作用などがあり、咳や喘鳴を鎮める効果があります。他に急性の気管支炎によいと言われる「桑白皮」、痰を出させる作用のある「杏仁」、熱や腫れをしずめる「石膏」、各種症状を緩らげる「甘草」で構成されています。

喘息のときの激しい咳や急性の気管支炎に用います。気管支を広げ、痰を出しやすくして呼吸を楽にします。

比較的体力がある人で、熱があるときに適します。

「麻黄」には、心臓や血管に負担をかけるエフェドリン類が含まれます。 そのため、高血圧や心臓病など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる 必要があります。

また、配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です