喘息(ぜんそく)に効果のある漢方薬漢方薬

麦門冬湯 (ばくもんどうとう)

自立神経の緊張を解く働きがある漢方薬です。主薬の「麦門冬」をはじめ6種類の生薬からなります。痰を出しやすくする主薬の「麦門冬」、こみ上げる咳や吐き気をしずめる「半夏」、滋養強壮作用のある「人参」、のどの炎症を抑える「粳米」、痛みを緩和し咳を鎮める「甘草」から成り立っています。

痰の少ない乾いた咳、または痰の切れにくい咳などに用いられます。その他、気管支炎、気管支ぜんそくにも用いられます。

体力が中くらいで、咳こんで顔が紅潮するような時に向きます。

配合生薬に「甘草」が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です