ガンに効果のある漢方薬漢方薬痛風に効果のある漢方薬 (5種類)逆流性食道炎に効果のある漢方薬 (3種類)

半夏瀉心湯 (はんげしゃしんとう)

胃腸の働きをよくする漢方薬です。主薬の「半夏」は吐き気をおさえるための重要な生薬です。瀉心湯類に特徴的な「黄芩」と「黄連」の組み合わせは、みぞおちの張りやつかえをとり、熱や炎症をさまします。さらに、健胃作用や緩和作用のある「乾姜」「大棗」「甘草」などで構成されています。

食欲不振や胃もたれ、吐き気や嘔吐があるとき、お腹がゴロゴロいって下痢ぎみの人に適します。最近では逆流性食道炎の治療に用いられたり、「猪苓湯」「十味敗毒湯」との併用で痛風の治療に使われたりします。また、抗がん剤や放射線の副作用による下痢にも効果があります。

特に体質は問いませんが、体力のない人にはやや向きません。

配合生薬に甘草が含まれているので、大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります(偽アルドステロン症と呼ばれる症状です)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です