高麗人参

人は血管から老けていく

2019/04/25

アンチエイジングという言葉をよく耳にします。

今や超がつく高齢化社会に突入しましたが、アンチエイジングとは老化に抵抗し若返るという意味があります。

実際には老化に逆らう事は難しくても、老化を遅らせることはできるようです。

「人は血管から老いる」といわれ、血液をサラサラにし血管の弾力性を高めることができれば、健康長寿につながる事は今や周知の事実となりました。

ここで、老化にはどういう説があるかを確認しておきたいと思います。

        細胞の酸化

        細胞分裂の限界

        体内に溜まった有害物質、老廃物、毒素によるもの

        ホルモンバランスの変化

これらの老化因子に対して高麗人参がたいへん優れた効果を発揮することが確かめられています。

    に対して、高麗人参は老化に伴い大幅に不足する体内抗酸化物質を増やす働きがあります。

    に対して、細胞分裂の回数を増やす、細胞寿命延長などの作用が確認されています。

    に対して、先述したように高麗人参で宿便が出た、尿がよく出るようになったとの声を聞きます。また体内に蓄積してさまざまな病気の引き金となるダイオキシンを解毒することが98年3月7日神戸で開催された第13回薬用ニンジン研究会で報告されました。

    に対しては、高麗人参はホルモンバランスを整える働きに富み、成長ホルモンにも間接的に分泌を高めることが期待されます。

まさに、「不老長寿の高麗人参」の面目躍如といったところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です