高麗人参

健康に生きるための3原則とは?

2019/04/26

高麗人参について述べる前に、健康維持するための三原則についてお話ししましょう。

健康維持には3つのポイントがある

世の中の健康思考を背景に本や雑誌、ネットやテレビなどで健康情報が溢れています。

健康情報は以下の3つに大別されます。

    温める

    出す(デトックス・毒出し)

    補う(補助食品)

この3つが健康法の中心となっています。

それは、とりもなおさず、この3つが健康の3原則だからなのです。いい換えれば、この3つが正常に行われていれば健康が保たれるのです。

健康の3原則ってどんなもの?

    温める…主に新陳代謝と免疫力の向上

    出す…血液浄化、体質改善の根本であり、老化防止につながる

    補う…ストレスによる心身疲労の回復と、内臓全般の強化であり「滋養強壮」

病気の人を見舞う時に、「薄着をして体を冷やさないよう」(温める)といい、

「ちゃんとお通じや排尿があれば一安心」(出す)とか、

「消化の良いものを食べて元気を出して」(補う)などとよくいいますが、

どれも健康の3原則に則った的確な表現です。

逆にいうなら、体を冷やすようなものは健康法とはいい難く、毒素の排泄につながらないものは効果に、激しい運動はかえって体力を消耗するので、補うという観点ではマイナスに働きます。
高麗人参のもつ3つのチカラ

そしてこの健康3原則に最もかなうものこそが高麗人参です。

「温める」は、毛細血管の血流を測定したりサーモグラフで測定したりすると明らかに体温が上昇してるのがわかります。

「出す」ことでは便秘が改善して体調が良くなるケースが多く見受けられます。

「補う」は、疲労回復効果です。高麗人参を飲むことで、ストレスから解放され、何事も前向きに考え始めたという事例が多数報告されています。

高麗人参はひとが健康にせいかつするための3原則「温める・出す・補う」を全て兼ね備えている食品なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です